〜素直になってここで笑って〜

気ままな想いをつづる

すばるという存在

ちょっとコンサートのレポも書いてないのに

どうしてもすばるの事が辛くて

私の気持ちを書いておきたい

 

 

私はNEWSで言えば小山君

関ジャニ∞なら亮ちゃん、ヤス

生田斗真

この辺と同い年だ。

 

ブログを始めた頃に書いたと思うが

私が育ったのはジャニーズJr黄金期と言われた世代

 

辞めていった人たちも沢山いるけど

タッキーがいて、翼がいて

大野君、翔君、相葉ちゃん、ニノ、潤君

山P、斗真、風ぽん、亮ちゃん、ヒナ、ヨコ

そして、すばる

 

Jrの番組があってコンサートがあって

先輩のバックでも目立つくらい

Jrの層が厚くて、輝いていた。

今の売れてるJr達とは全く違う

ジャニーズJrという存在がブランド化していた時代

 

世間様を下に見るようなヤンチャさのあった翔君や潤君、山P

やる気のない大野君、ニノ

天真爛漫な相葉ちゃん

演技派の斗真、風ぽん

関ジャニの中でも幼い頃から目立って売れてた亮ちゃん

 

ヒナ、ヨコ、すばるは、番組に出れば目立つし

知名度も人気もあって

とくにすばるは可愛らしい笑顔が印象的で。

 

でも、デビューは出来ないんじゃないかって

そもそも今と違う環境だったし。

でもそのキャラクターはずっと輝いていた

 

 

 

私がジャニーズやアイドルから離れていた時代でも

ヨコ、ヒナ、すばるの存在は解ってたし

関ジャニ∞として活動してるのももちろん

友達にエイターがいたのもあって曲も聞いてたし。

 

テレビやラジオで前を走るヨコ、ヒナと

音楽面でアーティストとしてグループを引っ張るすばる

 

関ジャニ∞として売れて、メキメキ頭角を現して

7人がそれぞれ個性と

グループになった時のパワー

 

嵐やNEWSとは違う。

アイドルだけどアイドルじゃない。

そんな活動の幅が彼らの持ち味で

 

7人が尊重し合って

仲が良くて

ずっとこのまま居てくれるんだと思ってた。

 

数年前

すばるがソロデビューをして

ソロでTOURをまわった。

 

ここまで出来るんだから

グループを続けながら活動する事は可能なんだな~って。

(ま、これはNEWSを辞めていった山Pに対する重いだが)

 

LIVEの最後には関ジャニ∞のTシャツを着て歌い

グループというかけがえの無い存在が自分にあると

ファンにも自分にも言い聞かせているようだった。

 

だからこそ、今回の事が信じられなかった。

 

週刊誌報道がでて

所詮、週刊誌の言ってることだって信じてなかったのに

会見まで開かれて、現実なんだって打ち抜かれた

 

私はエイターではない。

 

でも近所の仲のいい兄ちゃんくらいの存在でいる

関ジャニ∞の『渋谷すばる』という存在が

今年いっぱいで姿を消すという事が信じられなかった。

 

 

会見の日の夜

エイターの友人と飲みに行った

『精神崩壊する』

LINEでそう言ってた彼女は

エイトのツアーTを着て現れた。

 

『願掛け』

そういって、悲しそうに笑った

『なんの意味もなかった…』

 

泣きはしなかったが

ずっと辛そうで

ふと漏れるため息が辛かった。

 

彼女はこれからもエイターで居続けるし

6人になった関ジャニ∞も、すばるの事も

全て応援していく

 

でも、最後にもう一度すばるに会いたいって言った

 

夏のツアーには参加しない

アルバムには参加してるのに

メンバーの意志として参加しない事に決まってる。

 

ファンにさよならもさせてくれない

 

ひとりのエイターさんがTwitter

『もう一度エイターって呼んでよ』って

すばるがエイターって叫んでる動画をアップしてた。

 

電車の中だったけど泣いた。

 

すばるが名付けたエイターという呼び名

俺をお父さんと呼べ

そういって、常にエイターを愛したすばる

なのに最後はどちらからとも声をかける事すら許されない

 

そんなの辛すぎる…。

 

メンバーもファンも

全員がまだ消化しきれてない辛すぎる事実

私だって何も受け止められないし

こんなブログを書いてしまうほど衝撃を受けてる

 

 

すばるの歌声はすごく癖があるけど

その癖がたまらなくなる

 

最初はそんなに好きじゃなかったすばるのクセ

でもあの感情を爆発させる歌唱っぷり

とびぬけてる歌のうまさ

アーティスト・関ジャニ∞渋谷すばる

 

他のメンバーどうのではないが

すばるがいなければ、関ジャニ∞の音楽は

これほど多くの人の耳に残らなかったと思う。

 

 

私は

『LIFE~目の前の向こうへ~』

が大好きだ。

 

バンド・関ジャニ∞のパワーがみなぎる

この曲が関ジャニ∞の沢山ある楽曲の中で一番好きだ。

 

でも、もうこの曲がすばるの声では聞けなくなるかもしれない。

エイターではない私はコンサートにいく予定もないし

行けたとしても、そこにすばるの姿はない

 

一度は生で聴きたいと思っていたこの曲を

見る事はきっと無い。

 

会見の翌日

私はカラオケでこの曲を歌った

 

この曲の持つパワー

すばるの歌う映像が頭の中に映し出され

 

そしてあまりにもこの曲の歌詞が強かった

 

関ジャニ∞

ヨコ、ヒナ、亮ちゃん、丸ちゃん、たっちょん、ヤス

そして、すばる

 

この7人の想いが全部詰め込まれている様で

泣いて歌えなくなった。

 

あまりにも感情が高ぶって。

 

 

 

 

もう一度言うが私はエイターではない。

 

でも

そんな私でさえ

感情がパニックになるほどの衝撃なのだ。

 

これから12月末まで

エイターは長く道を歩まねばならない。

 

メンバーも、そして離れる決断をしたすばるも。

 

 

 

NEWS担はこの辛さを知ってる。

だからこそ

余計に感じるのかもしれない。