〜素直になってここで笑って〜

気ままな想いをつづる

NEVERLAND オーラス~備忘録2~MC最強の巻

NEWSと言えばMC!

そういえるぐらいの言葉数の多さ。

コンサートでの適当なMCは天下一品である。

 

WHITEのイチャイチャ💗キス事件

QUARTETTOの全員トイレ🚽事件

と、毎年前年を超えてくるMCを見せつける彼ら

そして今年

また前年を大きく上回る爆笑をかっさらってくれたw

 

 

いつもの様に

『NEWSに会いたかったか~!!』という掛け声から始まり

『シゲに会いたかったか~』 イエーイ!

『まっすーに会いたかったか~』イエーイ!

『小山に会いたかったか~』イエーイ!

『手越に会いたかったか~』イエーイ!

と。

バクステから花道を移動

両側にお手ふりをするゴシさん。

慶『ちょっと!今手越の超アイドルスマイルみたんだけど~』

手『ちょっ!(照)』

慶『もう一回やって、見して!みして!』

手『や~だよ~~~~(照)』

結局やらされて、モニターにデカデカ

 

メンステに移動しそれぞれソプラニストの衣装を脱いだり水をのんだり

手『おい、お前喋れ!』←シゲに向かって

シゲ『頼み方があんだろ!』

増『なんか面白い事言え!』

慶『話を繋げ!』

手『55000人の笑いとらんかい!!』

シゲ『とったろうやないかぁ~~~~』←逆ギレ

 

増『いや~、本当にシゲがいてよかったね~』

シゲ『シゲの時声が小さい』

と急にぼやきだす。

いつも一人目だから、フリにみんなが本調子じゃないとw

だから後にしてほしい的なw

そして、ゴシさんピンとくる。

手『ちょっとあっちいってなさいよ』

シゲを舞台裏に追いやると客席にいたずらを強要

手『いい?まっすーイエーイ、手越イエーイ、慶ちゃんイエーイ!、シゲ(口に前に1本指シーのポーズ)イエーイ!だよ!!』

そして、慶ちゃんがまた、一人ひとりを呼びあげる。

 

『手越に会いたかったか~』イエーイ!

『小山に会いたかったか~』イエーイ!

『まっすーに会いたかったか~』イエーイ!

『シゲに会いたかったか~』

シーン…

 

シゲ『うぉおい!!』

55000人の気持ちがピッタリ合った瞬間w

シゲ『つーか、お前がなんかやってんのも全部見えてたけどな!』

プンスコシゲちゃん可愛かったですw

シゲ『シゲ、ハート強いから。強いハートで後半いってやらぁ

 

ポンパのゴシさんを弄って照れさせてからの

増『ポンパでヘアピンつけたままシャワーしてる時あるでしょ?』

手『あぁ、メイクさん帰っちゃった日とかね?』

増『俺、シャワールームでこのままじゃいけないなと思って排水溝のピンをこう拾ってた訳。背中にこうシャワー浴びながらさ』身をかがめ拾うフリ

慶『一人のシャワールームじゃないからね!ボディソープとか壁に飛び散ってたらするの、俺掃除して出てるからね!』

手『え、俺シャワーで流してるよ!!』

慶『流したうちに入ってないんだよ!て、シゲ、シゲも興味持とう!』

シゲ『いや、それ、俺の可能性あるなって…』

慶『お前かよ!』

増『だから黙ってたんだ』

手『おい!助けろよ!一人っ子だろ!!』←関係ないw

シゲ『いやでもね、もはや俺は、家政婦小山がやってくれるだろうと思って』

慶 コクコク←ちょっと頷いてのカメラ目線w

 

そして、ここからが問題

増『あやめでさ、まにまにっていうじゃん?あれ何?』

手『お金?マニマニマニ~♬』

シゲ『そういう言葉があるの!バカにすんな!』

慶『どうしたの?』

シゲ『シゲは今機嫌が悪い!』←コールでいじられた件w

増『あやめいいよね~!もう一回やって!』←なぜw

シゲ『バカじゃないの!!』

増『じゃ、俺がやる~』

慶『俺らでやろう!』

手『やろうやろう!!』

そういって、三人がセンステへと移動

シゲは一人メンステのセンターでたたずむ←可愛い

 

慶『ここにこうシゲ出てきて、バタって倒れるじゃん?俺心配で!シゲ貧血で倒れちゃった~~って!』←バカにしてるw

 

シゲ『シゲの作品をバカにするな!!』

手『好きなんだよ~』

慶『ピカソゴッホが~』

シゲ『永野じゃねえ!!』

 

そして三人がそれぞれに

『やってやらぁ』

あやめ風に意気込みを語るw

手『1234のシゲイケメンだよね!』

増『あと、この時のシゲ(あぐらのシゲ)イケメン』

ファンと同じところではしゃぐの辞めてくださいw

強めのシゲ担3人www

 

そして暗転w

増『それでは聞いてください。あやめ』

慶『ねよねよ』横になる。

シゲ『え、マジ?』

 

アカペラでだらっと始まるが、音楽もしっかり流れ始める

『街揺れる灯~時のまにまに~』

『目覚めの鐘の音を~、まだ誰も知らない~』

辞めて、二人とも歌がうますぎるからwww

『あぁ、あなたの~歌声を~』

慶ちゃんまで。歌割なんで完璧なのよ。

しかもジャジャっ!ってオケに合わせてテゴマス踊ってるしwww

辞めて、腹筋壊れる…

サビになると片手を高くかざし、3人でグルグルw

シゲは笑ってちょっと落ち込んでるw可愛いwww

 

ラップになるとまっすーがここぞとばかりに歌いだす

歌詞完璧。

そしてよ!あの美しいフェイクをゴシさんが

『ha~oh~~~♪』

私このフェイク大好きで、カラオケでもシゲパート歌わずにフェイク歌っちゃうぐらいなんだけど…

ゴシさんの美声で歌われたらもう…

 

ゴッホも描けないほどの…』

突然みんなんで永野www

シンクロ辞めてwww

ゴシさんのフェイクずっとわちゃってるしwww

 

そして、シゲがリフターを上る見せ場!!

まさかの慶ちゃんが登るっていうwww

待って!!あなた高所恐怖症でしょ!!無理でしょ!!

心配した通り半分ぐらいで

慶『怖いよ~高いよ~』

手『頑張れ頑張れ!!』

シゲ『もっと、もっと上』

増『気を付けるんだよ~』←優しいwww

 

慶ちゃんのビビりに会場が湧く中
テゴマス歌うますぎ

『cause i need u cause i love u  knock knock open the door never give up,beautiful world makin'a good thing better』

まって、マジでうますぎるからwww

 

でもって

テゴマスで『knock knock open the door』

一生懸命ドアをたたいていたw

激烈可愛くて仕方がなかった!!

 

クレーンをなんとか乗り換えに成功し

でも立って降りれるわけもない慶ちゃんが

しゃがんだままヨチヨチ歩き

その時、次の衣装に着替えたJr達が登場!!www

 

シゲ『おい!Jrまでアドリブを利かすな!おい!!』

Jr達ナイス!

テゴマスを囲んで踊りだす。

無事にクレーンからご帰還の慶ちゃん

そして、最後の決めポーズ…

一曲丸々やりおったwww

 

増『いや~小山がこんな悪ふざけの為に高い所に登るなんてね!!』

その通り。どちらかと言えばゴシさんとかwww

 

手『さ、ご意見番に聞いてみましょう!加藤さんどうでしたか?』

 

シゲ

『てめえらいいかげんにしろよ!人がどんな思いであのソロやってると思ってんだ~~~~~!!!』

f:id:haruka0226:20170629172102j:plain

ゴシさん爆笑w

 

増『もうちょとラップの完成度高めたかったわ~』

シゲ『歌もうまいし、逆に見てるだけでよくそこまで出来てるし、褒めてやらあ!!』←ヤケクソ

3人ともあやめが、いやシゲが好きで仕方がないwww

 

シゲ『来年はソロ後半戦にやる!絶対!も~どうすんだよ!これDVDになるぞ~~~!!!もう~~~~!!!』

いや、してください!!

逆にこのMCを一切カットする事なくDVDにしてください!!!

お願いします!!!(切実)

 

増『あの、ラップもう一回やり直しさせて!』

シゲ『もういいよ!』

慶『掛けあげるのもっと勢いよく登りたかったな~』

手『ノックノックのとこ、弱かったな~』

悪ふざけに完璧さを求めだす3人w

 

慶『はぁ、疲れた。シゲしゃべって』

手『シゲしゃべって、シゲの声聞いてないから!』

シゲ『ふざけんな!!もうちゃんとMCやって!!』

慶『もうこれでいいんじゃない?こんなの初めてだけど、これでいいんじゃないwww』

シゲ『去年はトイレ言って、今年は人のソロやって。ちゃんとやって!もう男子、ちゃんとやって男子~!!』

何故か女子のシゲちゃんwwwかわいいw

 

増『やること決めて出てきたらそれにとらわれちゃうじゃん?』

シゲ『カッコよく言うな!』

手『決まったセリフをみんなに聞かせるのか?』

シゲ『だからってソロやる必要はない!』

慶『やるとかじゃなくて、降りて来たんだよ!』←キメ顔

増『感じたんだよね』←同じくキメ顔

シゲ『降りて来たのは俺だ!作詞作曲カトウシゲアキ!!』

手『シゲシゲ~』

ニコニコ

手『Don't think f…』

シゲ『feeling!!』←言われるの解ってて被せる!

なぜか、ブルースリーとかテゴすりーとかの話になる。

 

慶『とにかくNEVERLANDは今日で終わってしまうんですが、永遠に続いて行く訳ですよ!』←いきなり話が変わる

シゲ『14、15周年yearになる訳ですからね』

慶『来年もあおうね~』←もちろんだぜ!

増『15年もシゲのソロずっとあやめ』

シゲ『いろんな事やらせて~』

手『あやめかく語りきとか』

シゲ『ヴァンパイヤにあやめ?』

増『あやめcomingとかは?』

手『え?イケーじゃなくて、咲け~!あやめ咲け~!ってね』

慶『ニャン太は?ニャ…』←誰にも拾ってもらえないので小声

とりあえず、あやめへの愛が止らないwww

 

 

 

手『シゲにとっては20代最後のコンサートになるんだね』

シゲ『そうだね。もう来月には30だから。手越もそうじゃない?』

手『うん。今やりたいっていってるのが実現しなければそうなるね』

慶『どうなの?30って変わるよね?』

手『大きいよ!十の位が変わるって言うのは!』

慶『十の位ってw子供か。』

手『いやだって、10代から20っていうと、タバコとかお酒が飲めるようになったりってあるし、30歳も三十路っていうし』

慶『そうだね。色々解ってくるよ。30になると。あと涙もろくなる』

シゲ『なんでwww』

慶『なんかね、感情が抑えられなくなるんだよ。』

会場から笑いww

 

慶『もうどうやっても小山じゃない?ありのままの小山を皆様にお届けする感じで』

シゲ『わかんないじゃん?大山になるかもしれない』

慶『え?大山になるの?』

増『いきなりだとあれだからまずは中山くらいに』

www

増『40になったら大山になれるから』

慶『随分さきの話だなwww』

増『海外いったらスモールマウンテンでね!』

慶『でもさ…』

慶ちゃんがJrの誕生日を紹介しようとした瞬間に

ざ、空気読めないミスターインポッシブル登場

 

しかし、オーラスMCは終わりませんw

慶『まっすーはドームに思い入れあるじゃん?』

増『一番って訳じゃないけど、想いはあるね』

シゲ『憧れの場所でしょ?』

増『そうだね~。キンキのコンサートに出させてもらった時、凄いな~って思った場所だから』

慶『シゲはどうなの?』

シゲ『う~』

増『シゲってJr入った頃25歳ぐらいだったよね』

シゲ『んなことねえ、11歳ぐらいではいってるし。まぁやっぱり4人でドームに立たせてもらって、それから毎年やらせてもらってるっていうのは、本当に嬉しいなって。当たり前じゃないよ!』

拍手

NEWS『ありがとうございます』

←何を言うか。連れてきてもらっているのは我々だ!(´;ω;`)ウッ…

慶『手越は?』

手『俺はいつも言ってるけどアリーナ大好きだから。でもやっぱりこの人数のこの空間でやるっていうのは特別じゃん』

慶『同じスケジュールなんだもんね』

手『そうなんだよね。だからありがとう』

拍手

増『お前も言ったら?』←慶ちゃんへ向かって

慶『お前?』

増『うん。』

慶『年上だけど、ん、ま、まっすーだから…』

上下関係厳しめ増田先輩w

慶『俺、野球選手なりたかったから』

シゲ『そっちか!』

慶『読売新聞ので巨人の選手とノックが出来る券っていうのを応募して当たったの!』

増『ノックノック~』振り付き

慶『あぁ、なんでそれ気づけなかったんだろう…』←いいんだよ別に気づかなくてもw

慶『それで、ここに来てノックしてもらって、よし!俺はこ巨人に入ってまたドームに立つんだって思ったら、アイドルで立ってる!!』←この時の顔可愛いw

シゲ『夢は叶ってるんだね!』

増『そうだね』

手『野球だとチームを応援に来てるけど、今は俺ら4人だけを応援してくれてるんだよ?すごくない?』←嬉しそう

拍手

『ありがとうございま~す!』

増『お返ししましょうね!』

シゲ『そうだね』

慶『とりあえず汽車来たから、結構待たせてるしw』

シゲ『ミスターが…』

手『ぷんぷんですな!』

 

そして、何かをボソボソ言い始めるシゲ

『何シゲ?』

シゲ『俺だけイエーイ言われてない』

お、まだ根に持っていたwww

 

『じゃあ、やってもらおうよ』

『どうするかは皆に決めてもらってw』

シゲ『いや、マジ、これでまた声なかったら、シゲもう後半でない!』

www拗ねシゲ可愛い

慶『じゃ、俺らはもう1ね、1,1,1で10ね!』

そして、行われたC&R

慶『シゲに会いたかったですか~?』

会場

『いええええええ~~~~~~~い!!』

割れるかと思ったよねw

 

メンバーの驚き顔と共に嬉しそうなシゲの顔💗

シゲ『すげ~』

慶『俺らの時手抜き過ぎじゃない?!』

『ヤキモチやく~』←可愛い

慶『皆の声が出る事解ったから、みんないけるよね??』

会場『いえ~~~~い!!』

メンバーがそれぞれハケていく

 

慶『ねぇみんな、今シゲがスキップしてたよwなかなか見れないよ!!』

シゲちゃん、そうとう嬉しかったんだなw

てか、そんなに拗ねていたのかwww

 

慶ちゃんの優しい、アンドゥトロワで

ごちゃごちゃMC終了w

 

ふう、実際はあっという間なのに

書くと長かった…


※内容はじゃっかんの誇張が入っていると思われますw