読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEVER LAND その3

☆"Neverland Cast Members"☆

メンバーを紹介してくれております。

ポテステータム

テンプス』』

ベルビス

スペクタクルム

ラテン語らしいですな。スペクタクルムとかは聞いたことあったけどプテステータムって。

なんかハリーポッターとかに出てきそうよね?(見たことないけどw)

 

それぞれを司るNEWSという存在

しかし、動力・文字・美は解んだけど

時空を司るとは?

小山さんせっかちだから?←そこwww

時間厳守のキャスターだから?←そこwww

 

ともあれ、

彼らが我々とNEVER LANDで出会えることを楽しみにしててくれている。

そんなん!こっちかてもっと楽しみやし!!

 

☆ミステリア☆

私的にNEVER LANDの続きのような印象を受ける曲

NEVERLANDが旅の始まりならば、ミステリアは途中の森や洞窟

今までと違う世界に迷い込んで迷走している感じかな。

世界観としてはBYAKUYAの様な、おどろおどろしい雰囲気

謡曲のような曲調だけど、踊るんだろうなって想像できる曲

 

サクラが印象的に使われているよね。

舞ったり、涙をながしたりしながら彼を導く

ひとりきりでの旅の中で現れる自分の化身

自分の弱さの中に潜むモンスター

誰にも解らない、伝わらない生き物

自分であるけど越えられない、倒せない

その神秘の生き物とひたすらに向き合っていく

 

NEVER LANDという世界は最初に書いたけど、ただ楽しい

某テーマパークのような場所ではなくて

やはり冒険の国、旅なのだと思わせてくれる。

私世代でいうと『グーニーズ』的な国かな!!

 

 

☆BLACK FIRE☆

いや~来ましたね!!ゴリゴリのギターサウンド!

私絶対ヘドバンします!元バンギャの血が騒ぎますwww

 

アルバムの流れとしては

ミステリアで向き合い続けた自分自身との決別というか決闘?

森の中を走り続けている感じかな~

自身の中に現れた化身。それが悪の魂ならば燃やしてしまえ!!

ずっとこのままでいいのか…。本当の自分を見つけろ!

そんな葛藤が見え隠れする。

 

ゴシさんから始まるイントロ

ディストーションだけど、軽やかさもある歌声

いや~羨ましい!!

テクニカルボイスをここまで使いこなせるゴシさんに拍手

でもってシゲですよ!シャウトしてんじゃん!!

かっけ~!!

 

シゲの声質的にはテクニカルボイスを使うにはもってこいだと思う

しゃがれ気味で、こもって聞こえる声質、幅広いキー

これらをもってして歌えない訳ないじゃん!!

表現力・音程・リズム・全てにおいて完全に鋭さが増してる。

どうしても歌はテゴマスってなりがちだけど

ぜひともシゲにも注目してほしいよね。

特にこの曲に関しては、シゲテゴのパワー半端ない。

末っ子万歳!!

 

もちろん、まっすーも言葉を巧みに操り、安定した表現力をみせてくれていて

時より出てくるがなりが私的にはかなりヒットでしてw

テゴマスの『innocence』とかね!

透明感の多いまっすーの声から繰り出される強いシャウト系の声ってパンチ力が凄い

『使い方が解ってきたから声枯れなくなった』と本人が話しておりましたけど

ホント、どんな歌い方でもまっすーの良さが申し分なく発揮されております。

 

で、かなめの慶ちゃんなのですが

キーがねぇ💦高いキーになればなるほど声量が弱い

去年喉をやっちまってるせいもある気がするけど

ちょっと声が細くなったなっていうイメージです。

経験者からしますと、一度喉を傷めてしまうと身体が本能的に無理を避けようとする。

それから脱却できてない気がしております。

テクニックでカバーするほど、テクはないのが残念過ぎる所で。

このところの少プレとか見てても、線が細いな~って気になってたけど。

んん~。複式呼吸とか出来てるはずなのにな~。

 

でも言葉のくみ取り方というか、流れる様に紡いでいくのはさすが!

こうテンポの速い曲はただ流れてしまう事もあるけど

そこに一語一語当ててくる技術は

もって生まれたリズム感と喋りの努力かなって。

 

いつもの流れで言えば

この曲は後半の激しい部分でやってくれるだろうと。

踊るのか?これで踊るのか?

ヤバイ、ヘドバンしてる場合じゃねえな。

ガッツリ目に焼き付けておかないと💛

 

 

その3~end