読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Distance

さぁ、名曲について書きたいと思う。

『Distance』

メロを聞いた時点で好きだって一瞬で思った曲です。きっとバラード好きの手越さんも好きだと思う。

 

私の1番のポイントは間奏あけ

コヤテゴ&シゲマスの歌唱

しかも歌詞で持っていかれた。

 

壮大なラブソングだと、そう感じていたのだが、歌詞を読みこんでみると、なかなか聞く人にとっては色んな解釈の出来る物語だなと。

 

私も幾つかのストーリーが感じられております。どれが正解とかないと思うんだけど、とりあえず私的な。

最初に感じた想いを押し出しての想いをつづろうと思う。

 

まず切ないピアノのイントロから始まるあたりがトキめき☆

まっすーの甘い声、前向きな歌詞と明るいコード進行の中、日常の幸せを願う。

そこから慶ちゃんの喉をキュッとつめた切な声で、愛を確かめ

二人の出会いと煌きをテゴの伸びやかな声で歌い上げ

過ごした時間をシゲ、テゴの上ハモで歌い上げる

テゴの上ハモがあることで2人の愛を確かめ合っているような雰囲気

 

サビは四人のユニ

途中からテゴの上ハモ

『逢いたくて、逢えなくて』

切ない声で問いかけ、壊れるくらい抱きしめたいと愛を注いでくれる。

 

しかし、ここでなぜ逢えないのかと。

ただ愛を歌うだけのラブソング出ない事が解る。

 

物理的な距離なのか

精神的な距離なのか

今すぐに会いたい 

壊れるほど抱きしめて愛を伝えたい

ずっとそばにいたい。君が欲しい…

 

なに、こんなに愛し合っているのに距離があるの?どうしたの????

そんな切なさを残したまま1番が終わる。

 

2番はテゴから

爽やかな声で過ごした日々が愛だと

そしてシゲマスのユニゾン

その二人のユニゾン好きだわ~

甘さと渋さとある歌声

上手く溶け合うんだよね。この二人の声質ってさ。

 

でも歌詞の内容は、僕の知らない君の日常に置いてけぼり

電話越しの声は変わらないけど…

とコヤテゴが想いを語る

 

ここで、物理的に距離があるというのが解る。

電話越しでしか君の声が聞こえない。

僕の見えないところで君の日常があって、二人の時間が置き去りになる。

 

だからこそ、その距離も飛び越えて逢いに行きたい

僕だけでなく、きっと君も寂しい想いや戸惑いもある

今すぐに君の元に行き、お互いを暖めあおうよ

 

遠距離なのか

逢いたいけど逢えない何かが二人の間にはあるんだって。

 

そして

 

 

『生まれ変われるなら逢いに行こう 

 

 君が何処にいても見つけ出すよ

 

 100年先も側にいるよ 

 

 お互いのシワを数え合おう

 

 全てを越えていける 2人なら…』

 

愛しかない言葉の数々

 

慶ちゃんの声にかぶさる手越の下ハモ

そして、

シゲにかぶさるまっすーの甘いハモ

あまりに素敵過ぎて

聞くたびに死にそうなくらい胃がキュンキュンする。

 

 

ここの歌詞で私が最初に感じたのは、あまりに深すぎる愛

もしこの世で別れが来ても

絶対に見つける

100年先まで一緒にいる

君がどんな姿になっても

互いに支え合おう

何があっても

2人なら越えていけるから…

 

プロポーズだって思った

この言葉の意味

響きも

 

でもきっと、

まだハッキリとは伝えられない状況

 

最後のテゴの歌

最初にまっすーが歌ったのと同じ歌詞

何も変わらない

明日からもこれまで通りの日常

その中に小さくていいから幸せが降るようにと…

 

なんか無償の愛っていう感じ( ;∀;)

 

出会っていくつもの季節を越えて

本来なら一緒にいる事が当たり前のような関係

でも物理的に二人の間には距離が出来てしまった

君への想いは日に日に強くなる

今すぐに君のそばで

力いっぱい抱きしめて

愛を確かめ合いたい

僕の知らない場所で

僕の知らない時間を過ごして

でもそれは君も同じ

お互いの戸惑いも寂しさも不安も

逢えばきっと忘れられるのに…

 

生まれ変わったとしても君に出会う

100年先でも

顔がシワシワになっても

僕たちは側にいる運命なんだ

 

 

こんな力いっぱいの想いがあるのに

離れている事を理解して過ごさなきゃいけない

だから今は彼女の、僕たちの日常に

ささやかでいいから幸せが降り続ける様に祈るしか出来ない…

 

かぁ~~~~~!

愛されてる!!

愛されまくってるぜ!!

羨ましいぜ!

この彼女になりたい!!

 

どうしてこんなに愛してくれてる人から離れているの?

それほど大事なものがあるの?

この人に会ったら問いかけてみたいくらい。

 

でもきっとこの相手は

『そんな事は聞かなくていいよ

  僕たちは運命で繋がっているから』

 

なんて言っちゃうんだろう?

こんちくしょうめ!!

あっ、こんNYAROめ!

 

 

しかし、プロポーズ的歌だと思っている中でこんな風にも思えた。

 

『生まれ変われるなら逢いに行こう 

  君が何処にいても見つけ出すよ』

 

生まれ変わる。

 

それはもしや、もうこの世に…

 

姿も魂も彼女の元へいけない

物理的というか

同じ空間に立つことが出来ない

強く抱きしめたいけど僕にはそれが出来ない…

温もりを伝えられない

無邪気な変わらない声

けど、君は戸惑いや寂しさを抱えている

本当はそばにいて暖めてあげたい…

 

僕が生まれ変われるのなら

すぐにでも会いに行くよ

君がどこにいても

見つけることが出来るから

それだけ僕は君を愛している…

100年先

それはこの世の世界ではない

でも君を見つけ出せたのなら

こんどは離れない

ずっと君のそばで

君の変わりゆく姿を見つめよう…

それまで僕は空から君を守ろう

小さくてもいいから

幸せが溢れる生活が出来る様に…

沢山の幸せを降らせよう…

 

(ノД`)・゜・。

 

もしや、

こんな感じなのでは…

 

なんて、

いろんなストーリーが溢れている

 

あとは、

NEWSからファンへの愛を歌った歌詞にも聞こえなくもない。

お得意の不特定多数へのラブソング

 

どちらにせよ

愛の詰まった歌である事には違いない

 

 

 

とりあえず私は、この世で誰かと結ばれ

結婚式的な事をやれることになったら

この曲を使いたい!

絶対!

(とりあえず、そんな予定はない)

_ノ乙(、ン、)_

 

いいなぁ

愛されたいな(笑)